プロフィール

piropiro

Author:piropiro
一生モラトリアム

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
93717位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
23970位
アクセスランキングを見る>>
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

天気予報

-天気予報コム- -FC2-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ディスプレイラック

2011年4月28日のこと。

まだ本棚を買っていなかったので、2日前に注文したのです。
そして、今日、届いたのです。


DSC02618.jpg

うん、けっこういい。
こういうタイプの本棚は、前々から目をつけていたのです。
私は雑誌が好きなので、ちょっとでも面白そうな記事を見つけるとついつい買っちゃうのです。
で、いろんな雑誌に手をだすので区別できる感じの本棚がいい。
漫画スペースと小説スペースもつくりたい。
そしてお気に入りの雑誌、読みかけの雑誌はすぐに手が届く場所に置きたい。
しかし散らかしっぱなしにはしたくない。
そんな要望をかなえるのがまさにこのディスプレイラックだったわけです。

だけど、重い。
組立式なのでもちろんバラバラの板が届くのですが、その時点で腰が「ありゃりゃ?」と言っていました。
もう少しこぶりな感じを予想していたのです。
私が非力だということも関係していますが、一人で運ぶのもなかなか大変な大きさです。
実際は画像で見るよりもでかいです。けっこうな存在感。

正直まだ内部はスカスカなんですよね。
本は大半を家に置いてきたので、もう容量余りまくりです。
あ、この本棚はこのディスプレイ部が開いて中にものをたーくさん放り込めるんですよ。
内部がごちゃごちゃしてても、ディスプレイだけをオシャレにしておけば見た目になんの問題もないので、そこがコイツのいいところです。
ちなみに、容量はものすごくあります。
奥行がハードカバーの本2つ分以上ありますから、めっちゃ入ります。
高さは雑誌入れてちょっと余るくらいです。

DSC02619.jpg

こんな感じ。大容量です。


総じておすすめの商品なんですが、組立はかなり大変です。
なにせ扉が9つもありますから、ふつうの棚に比べると労力と時間は3倍くらいかかります。
私は一人で組み立てて3時間くらいでしたかね。
もちろん部品も多いですし、ねじも多いです。
ただ、組み立てが嫌いじゃなければそこまで苦痛ではないかもしれません。
出来上がっていく姿が目に見えて分かりますから、わくわくしますよ。



だんだん家具も揃ってきて、暮らしやすくなってまいりました。



DSC02615.jpg
DSC02616.jpg
組み立て大変でした。

スポンサーサイト

再開

2011年4月27日のこと。

無事大学生になりまして、また京都に住まうことになりました。
新居快適!立地最高!

ブログもちまちま書いていこうかなと思います。
今年度は、昨年度みたいな辛気臭い感じではなくて、もっとポップに、いろんなことの体験記みたいな感じで賑やかにしたいです。
ということでよろしくお願いします。

実は、「あー、またブログでもやってみようかなー」とか思って、アメブロ作っちゃったんですが…
こっちのブログがあることに気づいて舞い戻ってまいりました。
FC2のほうが慣れているということもありますし。

さて最近もっぱら興味があるのは勉強ですね。勉強勉強。
勉強したくてしょうがない。
もちろんウソウソ。
授業サボりまくっててやばいです。
入りたてでこんな感じではまずいです。
いや、でもスロースターターなんで。何事においても。
だから後から真面目になるタイプですよ。
そうだと信じてまずはゆるりと大学生活に馴染んでいきたいです。
人見知りくそ野郎が人としゃべることに挑戦している最中です。

いったんしゃべるとスルッといけるんですけど、そこまでがしんどいですね。
しかも私はしゃべりかけにくい雰囲気出してるらしくて、ますます損ですよ。
実際人としゃべるのは好きなんですけどね。
いちばん最初の、他人の窺い具合がちょっと難しく感じるんですよね。
まあそれも以前と比べるとかなり改善されてきてはいますけどね。

というのも、これからはあまり物怖じしないようにいこうと決めた、ということが要因にあります。
浪人時代はもうめちゃくちゃな精神状態でしたから、いろいろと自分を見つめなおして逆に変わることができました。
昔はもっと無鉄砲にいけたと思うんです。年を重ねると理論が先に来ちゃう。
一歩踏み出す勇気みたいなのが薄れてきていると思うんです。
大学では受け身では損しっぱなしですから、興味あること、面白そうなことに飛び込んでいきたいです。

一か月後ショボーンとなっているか、バリバリ元気かはわかりませんが、とりあえずはあれこれ楽観的に先を見ている今日このごろ。

Blooddrunk

2010年11月26日のこと。


今日、友達に付き添って河原町のタワレコに行きました。

とくに欲しいものが無かったので、サントラの棚を軽く物色して帰ろうとしました。

しかし、ワゴンに無造作に置いてあった黒い箱に目が留まりました。

パッケージには
Blooddrunk
と書かれています。

僕の好きなバンドである
Children Of Bodom
のアルバムの名前です。

初期のクラシカルで叙情的なメロディと比べると、最近はブルータルでスラッシュに寄りがちです。

Blooddrunkはその最近のアルバムなので、あまり興味はありませんでした。

ところが、パッケージに貼られたシールには
¥290
と表示されています。

我が目を疑いました。
二度見しました。
二度手に取りました。

えぇぇぇ
安ぅぅう

しかもCDとTシャツのセットではありませんか。

えぇぇぇ
安ぅうう

アマゾンの中古でもこんな値段じゃ買えません。
とっても興奮しながら即買いしました。
店員がヘマしたのかしら?
もとの値段は¥5000のようです。

何にしろ
とっても得しました。
改めて聞いてみると、最近のチルボドもけっこう好き!
Needled24/7やDeathrollほどの勢いはないけど!
DownfallやFollow The Reaperほどの美しさはないけど!
でもリフは依然としてメロディックだし!

ひゃっほぉおおう!
Tie My Rope!!
Tie My Rope!!

懐古

2010年11月1日のこと。

もちろん思い出は美化されるものなんですが、幼稚園から小学校低学年にかけての頃って一番楽しかったなーと思います。
日々の生活が美しかっただけでなく、周りの雰囲気とか匂いとかも。
近未来への移行期と言うか。

あのころはNINTENDO64とゲームボーイがありました。コントローラが三股だなんて。ゲームボーイ電池切れるのはええよ。
コロコロコミックなんかもありましたね。
土曜の夕方はウルトラマンティガが楽しみでした。
ウルトラマンゼアスは映画館で見ました。
放課後はグラウンドでサッカーしたり、体育館でドッジボールしたりしました。学校から家に帰る時は、今日は何曜日?テレビ何入るっけ?とワクワクしました。
思い出すととめどなく湧いてくるので、また今度書くことにします。

いろんなことにさして心躍らなくなったのはいつからでしょうかね。
あの胸がキュッと引き締まって肩まで持ち上げるような感覚。
気付いたら笑ってたというあの感覚。

幸い、それがまだ取り戻せる年齢にいます。
そんな「あの感覚」を取り戻せるようなこと、いろいろ練ってますので。来年はちょっと楽しみです。

京都日本画の誕生

2010年10月24日のこと。
京都市美術館に行ってきました。
「京都日本画の誕生 巨匠たちの挑戦」
という記念展で、京都市立芸大の創立130周年にちなんだもののようです。
美術史に詳しいわけではありませんが、江戸時代から明治時代にかけては「京都画壇」から多くの画家が生まれたことは有名です。
円山応挙や池大雅などの名前は、聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。
私がこの時代で特に好きな画家は、竹内栖鳳です。
画家にもそんなに詳しいわけではないので、自ずと有名な画家の名前を挙げることになるのですが、栖鳳の描く動物とか人物というのは、何とも言えない愛しさがあるのです。
一般的に栖鳳といえば猫、といったイメージがあると思いますが、今回は「おぼろ月」と「絵になる最初」という作品が展示されていました。
前者は薄墨で表現された闇夜に浮かぶ満月と狐が描かれていました。
栖鳳の絵で動物が描かれるとき、躍動感はあまりないのに、やけに生命を感じられることが多いのです。
それは背景をあまり克明に描きすぎないことと、動物の微妙なポーズに起因するのではないかと思います。美術のことなんて何も分かっていないのであまり声高に主張することはできませんが。
この絵に描いてあった狐は上体をほんの少し反らせ、左の前足を月のほうへちょこんと曲げているのです。
もう可愛くてどうしようかと思いました。
しかも色の濃淡で再現されたもふもふ感の素晴らしさよ。
あああああああああああ
狂おしいほどです。
後者「絵になる最初」は、ヌードモデルの女性が着物を脱ぐのを躊躇っている様子を描いた斬新なものでした。
女性は帯を解いたものの、着物で前を全て覆って恥ずかしがっています。
右手は着物の内側にあり、左手の甲を口に当てています。
肩から足までを着物で隠しているため肌の露出はほとんどないのですが、女性の仕草と恥じらいの目つきが何とも色っぽいのです。
でも別にいやらしくはない。ただ愛おしいのです。
栖鳳の絵を見ているとキュンとなっちまうのです。ぐぁあ。
気になった方はちょっと調べてみてくださいね。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。