FC2ブログ
プロフィール

piropiro

Author:piropiro
一生モラトリアム

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
79514位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
22288位
アクセスランキングを見る>>
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

天気予報

-天気予報コム- -FC2-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勧誘されたと言えるのか

2010年6月13日のこと。


帰宅途中、交差点で信号が変わるのを待っていたときである。

後ろから、やけにズボンを上げて制服を着ている男性の外国人が歩いてきた。
留学生かな?と思いながら、どうしてそんなにズボン上げる必要あるのかな?と思いながら彼の足音を聞いていた。
すると、横を向いていた私の視界に、彼の顔がずいと滑り込んできた。

と同時に「コニチワ」。

…戸惑う私。

(唐突に話しかけてきたな。道聞きたいなら俺が得意な英語でペラペーラと親切に教えてあげようじゃないか。)

私「こんにちは。何してるんですか?」

彼「ワタシ、生きる意味についてのハナシしています。」

私「…?」

これは宗教勧誘じゃないか…。
モルモン教とかはけっこう布教が盛んだと聞くが…

彼「興味ありませんか?」

私「…ないですね。」

ここで信号は青に。
ペダルに足をかけようとしたちょうどそのとき

彼「1つ質問いいですか?」

(なんだこの重たい前フリ)

私「何ですか?」

彼「どうして興味ナイデスカ?」

(その質問なら前フリ必要ねーじゃん…でもどうやって逃れようか)

私「……仏様、仏教、仏教徒ですから」

彼「すごいデスネ、尊敬します」

おそらく彼は私を熱心な仏教徒だと思ったらしい。
とくに仏教徒らしいことしていないのに。
仏様ごめんなさい。

私「ああ、でも他宗教の否定はしませんよ。認め合う心が重要だと思います。」

彼「オォ…」

ごめんなさい。思い付きで言いました。仏教すらしっかり理解していないのに偉そうに他宗教とか言ってごめんなさい。

私「うん、それじゃ頑張ってね」

彼「ありがとうゴザイマス。」

右手を差し出す彼。

なぜ握手求められるのかよく分からないまま応じる私。

「Thank you!」
すごい勢いで叫んだ彼と別れ、私は無事帰宅した。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。