プロフィール

piropiro

Author:piropiro
一生モラトリアム

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
93717位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
23970位
アクセスランキングを見る>>
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

天気予報

-天気予報コム- -FC2-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

萌え

2010年10月21日のこと。

今日、コンビニでミルクティーと緑茶とお菓子を買った。
レジに並んでいると、前で支払い中の女子高生が380円の80円分を全て10円で払おうとしていた。
でもなんだか手こずっていて、若干あたふたしていた。
店員がその10円玉をさらっている間、気まずそうに後ろを振り返ったりしていた。

萌えた。


そして支払い順が回ってきた。
あまり見かけない女性店員だった。髪は茶髪で、背は低め。
割ときちっとした感じの綺麗な人だった。

店「ストローご利用ですかー?」

私「あぁ、お願いします。」
↑これってどんな返事が正解なの?
個人的には、ストローを入れるという手間をかけさせるのに、「はい」だと無愛想だと思うので、「お願いします」がポリシー。

店「346円になりまーす。」

私(500円玉しかないな…)

店「500円お預かりいたします。」

店「おでんのセール期間中なので、チラシ入れておきますね。」

私「はい、ども。」コクリ
↑内心は、いらないと思っている。

店「えと…」
↑動きが一瞬止まる。

店「あの…ストローって…」

私「?」

店「…要りますよね?」オドオド

私「え?あぁ、はい、お願いします。」苦笑

店「…すいません」笑

私「いえ」笑

店「154円のお返しになります」笑

私「ありがとうございます」笑

おでんのチラシを先に入れちゃって、ストロー入れる動作も済ました気分になっちゃったみたい。
萌えた。

でも、俺の声がちっちゃかったせいだとしたら、申し訳ないことしたなあ。

過思考

2010年10月18日のこと。

予防線にさらに予防線を張って、一見したところ核心には全く無関係に見えるように振る舞う。
実はそれが核の表層を掠めるものであって、気付いた者のみ予防線の内側の領域に招き入れる。
あるいは、自分とは異なった種類の堅固な砦を擁する者と接触を計る。
防御の仕方が同じであれば交流はかなり容易である。
柵の外側の平坦で広い領域では、様々なものが風の吹くままに揺らぐ。
そこを見下ろすと、享楽的ではあるがどこか卑しい。
あの中に何も考えず溶け込んでいけば楽なのだろうが、一度得たものを手放すわけにもいかず、また流れに飲まれるのも愚かしい。
ただし、礎が崩れるのではないか、空からなにか降ってくるのではないか、と常に怯えている。


最近はそこに何か加わったのかもしれない。

白虎の足音

2010年9月20日のこと。

昼間はまだまだ日差しが強いですが、朝晩の空気はもう秋ですね。
夜に窓を開けると、ついこの間までは蝉が遅くまで頑張っていたのが、いまは穏やかな虫の音に変わっています。

私、季節の中で秋が一番好きなんですよね。
とにかく落ち着くんです。
気候的には春か秋がいいという人が多いと思いますが、春というのは「新たな気持ちで心機一転」といった前向きな気持ちで迎える一方、それは気忙しさまでも駆り立ててしまいます。

秋は余裕が出来て、じっくりと周りを見渡せますし、物事を深く考えるのにもふさわしい時期です。
自然に目を向けても、紅葉は燃えているものの決して騒ぎ立てることはなく、佇まいは落ち着いています。
枯れゆくゆえの美しさとでも言いましょうか。
遠くからそっと眺めることでそれを愛でたいという感情が自ずと生じてきます。
それを邪魔せず引き立てるかのような薄く広がった空も大好きです。
秋の自然は、まるで草木や生き物が一体になったかのような優しさがあるんですよね。

そんな秋ですが、夕暮れに散歩をするときほど胸が幸せになるひとときはないような気がします。
夕暮れの中でも、夕日が山の背中に隠れて、地平線に飛び込むまでの間。
その時間帯のほの暗さとか、匂いとか、風とかが素晴らしく心地よく感じます。

幸い、そんな風情が強く感じられる地に今います。
真理を追い求めすぎない程度に噛み締めたいものです。

Tri…

2010年9月10日のこと。

半年ほど前、高校の友人が「オカンの法則」なるものを説いてくれた。
その名はとくに捻りがあるわけでもなく、単純にその友人の母が力説していたものだからである。

どういうものかと聞くと

「若いうちは、体力と時間はあるが、お金がない。

働き出すと、体力とお金はあるが、時間がない。

歳をとると、お金と時間はあるが、体力がない。」

といったものだった。
なるほどなあ、と感心した覚えがある。
つまり、旅というのはどの人生の期間でも困難なのであって、思い立ったときこそが適期である、ということを示唆しているのだ。

普通の生活から脱出するにはもちろん犠牲は伴うわけで、それを克服することで、あるいは抱え込むことで、やっと旅ができるのだ。その代わり、有意義な行程を経験できれば人生の糧としての役割は大きい。

この「オカンの法則」、いろんなことに応用できる気がする。
というか、三すくみの関係とか、三位一体の考え方とかって、二項対立よりも格段に深いし、可能性も広い気がする。
なかなか気付きにくいものかもしれないけど。

クマー


2010年8月26日のこと。

もふもふ。

今日クレーンゲームで一目惚れしたんですよ。

何度も惜しいとこまでいって、これで最後!と思って一旦やめたんですね。

でもやっぱり諦められないんですよ、そのつぶらな瞳が。そしてそのもふもふ感が。

私「振り切るぜ!(仮面ライダーアクセル的な意味で)」

友「振り切れ!(仮面ライダーアクセル的な意味で)」

あの、3つの細いアームのタイプだったんですが、やたら荒ぶるんですね、アームが。
それに悩まされもしましたが、結果的にそのおかげでゲットできたのです。

振り切ったぜ!(仮面ライダーアクセル的な意味で)

チャリのカゴにこの2匹を詰めたときはどこの夢の国にでも行ける気分になりました。

まあすれ違う人には頭のおかしい人だと思われたでしょうが。

まあ、いろいろ含めて

振り切ったぜ!(仮面ライダーアクセル的な意味で)
もふもふ!もふもふ!きゃああ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。